top of page
  • 執筆者の写真Myanmar Love

特定技能制度とは何?

更新日:2023年7月20日

特定技能制度は、日本での労働力不足を補うために導入された制度です。この制度により、一定の技能を持つ外国人労働者が、日本で働く機会を得ることができます。


特定技能制度は、2019年に開始されました。この制度は、特定の技能を持つ外国人労働者が日本に来て、一定の期間労働することを目的としています。


特定技能外国人を受け入れることができる産業は以下のとおりです。


1.介護( 訪問介護は不可。デイサービス可 )

2.ビルクリーニング業

3.素形材・産業機械・電気電子情報関連製造業分野

4.建設業

5.造船・舶用工業

6.自動車整備業

7.航空業

8.宿泊業

9.農業

10.漁業

11.飲食料品製造業

12.外食業

※ 残念ながら、鍼灸接骨院やリラクゼーションは対象外となります。


特定技能制度は、日本の労働力不足を解消する一方で、外国人労働者にとっても技術と経験を習得する機会を提供しています。しかし、制度の詳細や応募条件は変動する可能性があるため、最新の情報を関連する公式機関や出入国管理局などで確認することをおすすめします。 【 出入国在留管理庁 】特定技能制度 https://www.moj.go.jp/isa/policies/ssw/nyuukokukanri01_00127.html



 

【 この記事を書いた人 】Myanmar Love

2019年から登録支援機関でミャンマーを担当&申請等取次者。

BPO採用コーディネーター、携帯電話販売代理店の人事総務、鍼灸接骨院採用アドバイザーを経て現職。人材採用の経験は12年程。低コスト採用手法や事務効率化が得意。仕事に悩む気持ちが少しでも軽くなって欲しいです。

閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page