top of page
  • 執筆者の写真Myanmar Love

日本語能力試験(JLPT)とは?

日本語能力試験(Japanese Language Proficiency Test、略称:JLPT)は、日本語を非母語とする人々の日本語能力を測定するための試験です。この試験は、日本国内外の日本語学習者が受けることができます。


JLPTは、日本国内で文部科学省が主催し、日本国外では国際交流基金(Japan Foundation)および国際交流教育財団(Association for International Exchange of Students)が共同で主催しています。試験の内容は、リスニング(聴解)、読解、文法、語彙、会話などの領域を含んでおり、それぞれの能力レベルに合わせて問題が用意されています。


JLPTは、日本語学習者にとっての目標や基準となる試験であり、日本語を学ぶ上でのモチベーション向上や自己評価の手段として利用されます。試験は年に一度、通常12月に実施され、5つのレベル(N1からN5まで)があります。N1が最も上級のレベルであり、N5が初級のレベルです。


JLPTの合格証明書は、留学や就職活動など、日本語を使用する機会や需要がある場面で有益な資格とされています。


N4レベル以上であれば、特定技能として来日する日本語能力の要件を満たします。

何か疑問点がありましたら、お気軽にお問合せください。

閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page