top of page
  • 執筆者の写真Myanmar Love

日本とミャンマーにおける服装の違い

ミャンマーと日本は、文化、言語、宗教、気候など、多くの面で異なる国々です。

以下は、一般的なミャンマーと日本の違いの例です。


(1)文化:ミャンマーは、上座部仏教文化が根付いた国であり、宗教行事や伝統的な祭りが盛んに行われています。

また、家族や親族の絆が非常に強く、家族と一緒に生活することが一般的です。

一方、日本は、先進国として高い技術力や経済力を持ち、アニメやポップカルチャーなど、独自の文化が発展しています。家族と別々に生活することが一般的です。


(2)言語:ミャンマーの公用語は、ビルマ語であり、その他にも多くの方言や少数民族言語が存在します。

一方、日本の公用語は、日本語であり、外国語を話す人は比較的少なく、日本語を話すことが必要です。


(3)宗教:ミャンマーは、上座部仏教が国教となっており、多くの人々が仏教に帰依しています。

一方、日本は、多様な宗教が共存しており、仏教だけでなく、神道やキリスト教などの宗教があります。なかには無信教の方もいらっしゃいます。


(4)気候:ミャンマーは、熱帯や亜熱帯気候であり、1年を通して暑いです。

一方、日本は、四季がはっきりとあり、夏は暑く、冬は寒いです。

特にミャンマーの方にとって、日本の冬は堪えるようで、ストーブを支給した企業もあるほどです。


(5)服装:一般的なミャンマーの服装は、男性はロンジー(ひざ丈のスカート)を着用することが多く、

女性はロンジーに加えて、胸元を覆うブラウスを着用します。靴よりはサンダルを履くことが多いように思えます。

一方、日本では、一般的には西洋風の洋服を着用することが多いです。会社員などのビジネスシーンでは、スーツが一般的です。

和服は特定のシーンで着用することが多いです。また、季節に合わせた服装をする習慣があります。

閲覧数:96回0件のコメント

Σχόλια


bottom of page