top of page
  • 執筆者の写真Myanmar Love

日本でも食べられるミャンマー料理

更新日:2023年6月20日

先日、大阪で新しくできたミャンマー料理店に行ってきました。


写真手前の「麺とスープ」は、モヒンガー。国民食と言われるほどポピュラーな料理です。

本場では、ナマズの出汁でつくったスープに米で出来た麺を入れたものになります。

薬味として、パクチーやトウガラシ、レモンやゆで卵などをお好みで入れます。

おダシがきいて、とても美味しいですね(写真の麺は素麺)。


奥のスプーン2つ並んでいる皿は「ラペトォ」と言われる「お茶の葉のサラダ」です。

お茶の葉と油で揚げた豆、トマトと一緒にいただきます。


ミャンマーでは、まず年長者の方が、料理に口をつけてから、

他の家族が食べ始めます。年長者をうやまう国民性は、介護と相性が良いですね。

興味のある方は、ぜひお問い合わせください。




閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page