top of page
  • 執筆者の写真Myanmar Love

介護職員不足が深刻化!働きやすい環境整備が課題

皆さん、最近介護職員不足が深刻化していることをご存知でしょうか?

介護職員の数が需要に追いつかず、その影響が社会全体に及んでいます。

本記事では、介護職員不足の背景と要因について考えてみたいと思います。


まず、在宅サービスの利用者数が急増していることが一つの要因です。

2021年12月時点での在宅サービス利用者数は408万人であり、

約4倍以上の増加が見られました。


2025年にはさらに32万人、2040年には69万人の介護職員が必要とされています。

この需要の増加に対して、介護職員の数が追いついていないのが現状です。


次に、働ける人口の減少が介護職員不足の要因として挙げられます。

15~64歳の人口は前年比で65万8千人減少し、働ける人が限られてきました。

少子化が進み、全業界での採用競争も激化しているため、特に若い人の採用が難しくなっています。


また、転職が身近になったことも介護職員不足の一因です。

仕事内容や給与、労働条件の比較が容易に行えるようになったことで、

介護職以外の職種に転職する人も増えています。

これにより、介護施設やサービスが介護職員の確保に苦慮している状況が生まれています。


介護職は大変な労働ではありますが、その分、やりがいのある仕事でもあります。

介護職員の方々がより働きやすい環境で活躍できるよう、

私たちもサポートしていくことが重要です。

閲覧数:8回0件のコメント

Comentários


bottom of page