top of page
  • 執筆者の写真Myanmar Love

ミャンマー人が住居環境で困ることは?

ミャンマーと日本では、住宅の様式が異なります。ミャンマーでは、伝統的な木造家屋が多く見られます。一方で、日本では鉄筋コンクリート造や木造のアパートやマンションが一般的です。

さらに、暑さや湿気に対する対策も異なります。ミャンマーでは、家屋の下に柱を立てて床上げすることが一般的で、換気を良くするために壁や屋根に穴を開けたり、網戸を取り付けたりすることがあります。一方で、日本では防犯や防災対策として、家屋を閉め切って窓やドアに鍵をかけることが一般的です。


特定技能外国人にもよりますが、鍵をかけることに慣れないケースが見られました。

鍵のかけ方がわからない、鍵をかけ忘れてしまう、等。

初めて日本に来たときには、鍵のかけ方を教えると良いでしょう。

閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page