top of page
  • 執筆者の写真Myanmar Love

ミャンマー人も年金は受け取れる

ミャンマー人が日本に来て生活する上で、特に困ることの一つに、年金制度の違いがあります。日本では、国民一人ひとりが年金保険に加入し、年金を受け取ることができます。一方、ミャンマーには公的な年金制度が存在しておらず、老後の生活については家族や親族のサポートに頼ることが一般的です。


また、日本では、年金保険料を支払うことで、老齢、障害、遺族に対する年金が支払われます。また、最低限度の保険料を支払った場合でも、老齢年金の受給資格があるため、一定の保障があります。日本に帰国する場合でも、脱退一時金という制度があり、支払った保険料の一部が払い戻されます。しかし、ミャンマーでは、公的な年金制度がないため、個人が老後の生活費を自己責任で準備する必要があります。


ただし、日本の年金制度には、加入要件や支払い方法、受給資格などの細かいルールがあります。ミャンマー人が日本で働く際には、自身の状況に合わせた年金制度の選択や、年金制度についての正しい知識を身につけることが重要です。

閲覧数:27回0件のコメント

留言


bottom of page