top of page
  • 執筆者の写真Myanmar Love

ミャンマー人が日本に来て困ること_季節

ミャンマーと日本の気候には大きな違いがあります。

ミャンマーは熱帯に位置するため年間を通じて高温多湿の気候が続きます。一般的に、5月から10月は雨季で、11月から4月は乾季となります。


一方、日本は亜寒帯気候から温帯気候にかけて、四季があり、年間を通して気温の変化が大きい気候です。


特に日本の冬は、ミャンマー人にとっては寒いと感じられることがあります。日本の冬は、乾燥しているため、ミャンマー人にとって慣れない乾燥した寒さが感じられます。

また、日本の冬は風が強く、ミャンマー人にとっては風邪をひきやすい環境にあたります。そのため、厚手の衣服や防寒具を用意することが必要です。


一方、日本の春や秋は、ミャンマー人にとっては過ごしやすい季節と感じられることがあります。春は桜が咲き、秋は紅葉が美しく、季節ごとに異なる景色を楽しめます。


以上のように、ミャンマーと日本の気候には大きな違いがあります。ミャンマー人が日本に来る場合は、季節や気温の変化に備えて、適切な衣服や防寒具を用意することが大切です。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page