top of page
  • 執筆者の写真Myanmar Love

ミャンマー人が日本で生活するうえで困ること_日本語

特定技能外国人として働くには、日本語能力が必要とされますが、

職場での指示や作業の説明、同僚とのコミュニケーションなどで、誤解やトラブルが生じる可能性があります。また、日本語の技術用語や専門用語などが必要な職種では、特に日本語の不自由さが際立つことがあります。


個人的な経験ですが、

例えば「救急(きゅうきゅう)」など、音読み+音読みの熟語は、

訓読みの熟語と比べて、ミャンマー人が理解する速度が遅いように思いました。


これらの問題を解決するために、日本語の学習に力を入れることが必要です。

もちろん本人の努力が必要ですが、多くの企業では、日本語教育の機会を提供しています。

また、利用者さんと接するうちに親切心から、漢字などの宿題を出して頂ける場合も見受けられました。


同僚や上司とのコミュニケーションに積極的に取り組むことで、相手の意図を理解し、業務に取り組むことができるようになるでしょう。

閲覧数:18回0件のコメント

Comments


bottom of page