top of page
  • 執筆者の写真Myanmar Love

ミャンマー人が日本で生活するうえで困ること_医療制度

日本の医療制度は、世界でも高い水準を誇っています。国民皆保険制度があり、すべての人が医療保険に加入することが義務付けられています。これにより、医療費の負担を軽減し、健康保険証があれば医療機関での治療や薬の処方が受けられます。


一方、ミャンマーでは医療制度はまだ発展途上にあり、医療費が高額なため、多くの人々が医療にアクセスできない状況があります。また、医師不足や医療設備の不備なども課題とされています。さらに、保険制度も未整備であり、自己負担が大きくなることがあります。


ミャンマー人も日本に在留資格がある限り、同じ医療制度を受けることができます。日本の医療制度は、在留外国人も対象としており、保険に加入すれば、同じように医療サービスを受けることができます。


また、日本の医療制度や保険の仕組みについて理解することが難しいため、十分な情報収集やアドバイスを受けることが必要となります。さらに、日本語が苦手な場合は、通訳や翻訳のサポートが必要となる場合もあります。

閲覧数:6回0件のコメント

Commentaires


bottom of page