top of page
  • 執筆者の写真Myanmar Love

ミャンマーにおける耐久消費財の普及率の現状と課題

ミャンマーは、東南アジアの国々の中で最も急速に成長している国の一つであり、消費市場も拡大しています。しかし、まだまだ発展途上国のため、耐久消費財の普及率は低く、改善が必要な状況にあります。


耐久消費財とは、長期にわたって使うことができる製品であり、家電製品や自動車などが代表的です。ミャンマーでは、耐久消費財の普及率は比較的低く、一部の都市部を除いてはまだまだ普及していないと言えます。2017年における乗用車の普及率は6.5%に留まりました。


これは、ミャンマーが経済発展の初期段階にあり、所得水準が低く、またインフラストラクチャーが未発達であることが原因とされています。多くの人々が手持ちの現金で支払いをするため、高額な耐久消費財の購入には敬遠される傾向があります。さらに、一部地域では電気の供給が不安定であるため、家電製品の使用が制限されることもあります。


しかし、近年は経済発展に伴い、ミャンマー国内での製造業やサービス業の成長が進んでおり、消費者の需要も高まっています。また、政府がインフラストラクチャーの整備に力を入れていることもあり、電力供給の安定化などの改善が期待されています。


これらの変化により、耐久消費財の普及率は今後改善が期待されます。特に、家電製品の普及が進めば、生活の質が向上し、生産性も向上することが期待されます。


しかしながら、ミャンマーは政情不安が常態化しているため、投資環境が不安定であることも事実であり、この問題に取り組む必要があると言えます。それでも、ミャンマーが経済発展を続けることで、耐久消費財の普及率が向上することは、今後の課題となります。 『医療国際展開カントリーレポート ミャンマー編』2021年経済産業省

閲覧数:20回0件のコメント

Comments


bottom of page