top of page
  • 執筆者の写真Myanmar Love

ミャンマーと日本の新年の違い_水かけ祭り

ミャンマーでは、仏教徒が多く、仏教の暦の新年を祝うお祭りとして、4月中旬に「新年」を意味する「Thingyan(ティンジャン)」と呼ばれる、水かけ祭りが開催されます。

この祭りは、4日間から10日間程度続き、最終日には新年を迎えます。

ヤンゴンの水かけ祭りは、ビルマの新年を祝うイベントとして、4月13日から16日までの期間に開催されます。ヤンゴンでは、人々が歩いて水かけを楽しむことが一般的で、水鉄砲やバケツ、スポンジなどを使って水をかけ合います。また、市内の主要な交差点や広場などには、大きなスピーカーが設置され、ビルマの伝統音楽が流れ、若者たちはその音楽に合わせて踊りながら水をかけ合います。


一方、マンダレーの水かけ祭りは上品な雰囲気があると言われています。マンダレーは、ビルマの王朝都市として栄えた歴史ある街であり、多くの仏教寺院があります。そのため、マンダレーの水かけ祭りは、寺院での儀式的な行事として行われ、それに合わせて若者たちが水かけや踊りを楽しむようになっています。


若者たちは白い衣装を着用し、花や香料で飾り付けられた浴槽に仏像を入れ、清めの儀式を行います。そして、水をかける際には、お互いに丁寧に挨拶を交わし、上品な雰囲気で行われます。また、マンダレーの水かけ祭りでは、寺院での清めの儀式に参加することが主な目的であり、水かけや踊りをすることよりも、その意味や意義に重点が置かれています。


水かけ祭りは、ミャンマーの文化的なイベントとしてだけでなく、家族や友人と一緒に楽しむ機会でもあります。また、この期間中は、多くの人々が故郷に帰省し、家族とともに過ごすことも特徴の一つです。

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page